DM40

もやしメーカー様の新規工場にDM40粉砕搬送システムを2ライン導入させていただきました。
1ラインはもやし残差専用の脱水ラインでエコフィードとして運用されいます。
1ラインはカット野菜残差専用の脱水ラインで減容目的で運用されています。


IMG_0268.JPG
IMG_0265.JPG

 

スクリュープレス脱水機DM-25型

静岡県焼津市のもやし生産メーカー「株式会社丸一食品」様にスクリュープレス脱水機及び
搬送、粉砕システムを納入させていただきました。
既存設備のスクリーンを改造し、スクリューコンベアを埋め込み、レイアウトしました。
今後は脱水されたカスが全て牛の飼料としてリサイクルされます。
産業廃棄物として扱われていた物が飼料に生まれ変わります。
脱水システムとエコフィードシステムは川口精機株式会社独自のシステムです。

据え付け写真1.JPG
据え付け写真2.JPG
据え付け写真4.JPG
据え付け写真5.JPG


 

超小型スクリュープレス脱水機DM-08P

外径8センチの超小型スクリュープレス脱水機DM-08Pを開発しました!
お客様からのご要望のスペック通りに設計し、油のみを吸着するゾーブパウダーを絞るための
専用機です。
また、100V仕様のため電源確保も容易・重量は約37kgで一人で持ち運びも可能です。
簡単なミニテストやミニプラント用の機械としても活躍できるスペックです。

ゾーブパウダー取り扱い 株式会社アクセスジャパン http://www.access-jpn.com/

CIMG6441.JPG
CIMG6442.JPG

 

スクリュープレス脱水機DM-20型

カット野菜工場様にスクリュープレス脱水機DM-20型、粉砕機横投入方式のセットで納品させて
いただきました。
コンベアーを付けないシンプルなレイアウトで省スペース化を実現しました。
野菜クズはそのまま産業廃棄物へ出されていましたが、粉砕・脱水することにより50%の減容を
可能にし、経費の削減に大きくお役に立てています。

CIMG6461.JPG
CIMG6465.JPG
CIMG6467.JPG

 

スクリュープレス脱水機DM-25型

もやし生産業者様にスクリュープレス脱水機DM-25型をはじめとする、脱水システムを納入させて
いただきました。
こちらのシステムは廃棄もやしを脱水して減容するだけではなく、ある有機酸を使用し腐敗までの
リードタイムを長くすることにより、絞ったカスは牛の飼料に、絞ったろ液はリキッドフィードに混ぜて
ブタの飼料に、エコフィードとして供給することに成功しました。
システムを導入される以前の廃棄もやしは、すべて産業廃棄物として毎日10万円近い経費をかけ
て処理を業者に委託されていましたが、現在はその経費負担はほとんど無くなりました。

廃棄物処理されていた資源を有効に生かし、大きな負担となっている経費の大幅な削減という二つ
のキーワードを実現した川口精機の脱水システムは、単に機械をご提案させて頂くことにとどまら
ず、その前後の処理のシステムやノウハウも一緒にご提案させていただきます。


CIMG6145.JPG
CIMG6142.JPG
CIMG6141.JPG
CIMG6131.JPG
6.jpg

 

スクリュープレス脱水機DM-20型

カット野菜工場様に、以前より使用されていた粉砕機にDM-20型とスクリューコンベアを
ドッキングし導入させていただきました。
スクリューコンベアホッパーに野菜クズを投入し、自動運転で粉砕、脱水を行います。
1日1トンから2トンの処理を行い、産廃経費の削減に貢献させていただいています。

CIMG5856.JPG
CIMG5857.JPG
CIMG5861.JPG
CIMG5881.JPG
CIMG5897.JPG

 

スクリュープレス脱水機 DM-40型

現在の弊社のスクリュープレス脱水機では1番大きいタイプです。
白菜の廃棄物を1日(8時間)12トン~16トン処理するための能力を持つスクリュープレス脱水機です。
処理する前は白菜の廃棄物ですが、粉砕・脱水することにより飼料へと向けられるようになりました。

現在、飼料が高騰する中で食品廃棄物を飼料化するニーズが非常に高まっています。
飼料へとリサイクルすることにより廃棄物を出す業者様は産廃処理費の削減、飼料として受け
取る業者様は飼料費の削減とお互いにメリットが生まれ、しかも地球環境に優しい取り組みと
して捉えることができます。

CIMG5128.JPGCIMG5134.JPG
CIMG5138.JPGCIMG5131.JPG